探偵になるには

探偵になるには、2つの方法があります。

・探偵事務所、興信所へ調査員として就職する。
・探偵に必要な知識を身につけて自分で事務所を設立する。

この2つの方法どちらかで、探偵になることが可能です。
特別な資格などは、探偵になるために必要としません。

ただ、探偵事務所や興信所へ就職して探偵を目指すなら、それぞれの事務所が設けている求人の条件が存在し、比較的必要とされるスキルに、車やバイクの運転免許を持っていること、一定のパソコンスキルがあること、などがありますので、必ず確認する必要があります。

そして、探偵になるためには、調査業務に必要な知識と技術を身につける必要があります。

業務に必要な知識と技術は、探偵学校で勉強することが出来ます。
探偵学校は、全国の探偵事務所などが運営するものがほとんどで、最寄りの探偵学校へ入り、現役の探偵が講義を行い、勉強をすることが出来ます。
探偵学校以外では、自分で勉強する方法もあります。この場合には、テキストなどを使って勉強をするのですが、このテキストの販売も全国の探偵事務所が発行しているモノを使うことも出来ますし、書店などで、探偵関連の書籍を購入して勉強することも出来ます。

どの方法が一番良いかは、実際に探偵になろうと考えている人それぞれですが、探偵学校へ通う場合には、現役の探偵に教えてもらうことで、現場で使われる技術をダイレクトに学ぶことが出来る一方で、講義の時間などが決められていたり、複数の人と一緒に勉強するので、個別に知識と技術を教えてもらうのは難しくなります。

また、自分で勉強する場合には、時間を気にすることなく、ペース配分も自分が決めることが出来るので、時間に制限されずに勉強が出来ます。しかし、専門の知識が無いため、偏った知識を身につけてしまったり、現場で使われる技術を直接学ぶ機会が少なくなります。

浮気調査1つをするにしても、必要となる知識と技術は沢山あります。
浮気調査では、尾行や張り込みは勿論のこと、機材を使っての証拠写真や動画の撮影など機材のことを知らないと出来ないことが多数あります。

探偵になるために必要な知識と技術を身につけること、これが、探偵になる一番の近道になるのではないでしょうか。

▲ページ先頭へ