浮気の見分け方

おおっぴらに浮気をしているのでなければ、罪悪感から浮気を隠そうと何かしら行動に変化が出てきます。
「以前はこんなことしなかったのに……」という変化のうち、下の項目から3つ以上該当する場合は、まず浮気していると考えることができます。

行動の変化

・それほど仕事が忙しくないはずなのに、残業や出張が増えた
・サークル活動や友達付き合いの外出が増えた
・帰ってきてすぐに入浴するようになった
・サイフやカバンに避妊具、風俗の会員証が入っていた
・夫婦生活の回数が減った

性格の変化

・急に優しくなったり、プレゼントをくれるようになった
・暴力を振るったり、冷たく接するようになった
・服装、香水に気を遣うようになった
・夜景スポットや新作映画の情報に詳しくなった

携帯電話・車の変化

・家の中にいても携帯電話を手放さなくなった
・パソコンや携帯電話に、異性からのメールが届いていた
・携帯に電話しても出ず、しばらくしたら向こうからかけ直してくる
・携帯電話の着信やメールの履歴を消すようになった
・携帯電話をパスワードロックするようになった
・あまり使わないはずの車の走行距離が妙に増えていた

しかし、これらの浮気の兆候があるからといって、 すぐに問いつめるのは危険です。
「おまえの気のせいだ」
「仕事のつきあいだけだよ」
「俺を信じられないのか?」
などといわれ、言い逃れされてしまいます。 最悪の場合、DVの原因となってしまう可能性もあります。
浮気の事実を認めさせるには、決定的な証拠が必要となります。

▲ページ先頭へ